オルソケラトロジーを超えたオサート

治療された角膜の状態、に合わせてレンズデザインを変え、
徐々に段階的に角膜の形状をさらに凹レンズ化

従来のオルソケラトロジーの限界であった、治療対象者が「軽度の近視」は限られるという壁を超えることに成功した画期的治療法「オサート」。その基本コンセプトは、
「ステップアップ」という考えに集約されます。つまり、一回のレンズデザインで終わり」であった治療を、最初のレンズ装着後、治療の進捗=治療された角膜の状態、に合わせてレンズデザインを変え、徐々に段階的に角膜の形状をさらに凹レンズ化させていく(2回以上のレンズデザインを行う)ということです。

近視用レンズデザイン

遠視用レンズデザイン

米国と日本で特許を取得

この治療法によって、従来のオルソケラトロジーでは、治療できなかった「強度近視」「乱視」「遠視」「老眼」まで対応することが可能になりました。この技術は、米国と日本で特許を取得しております。

特殊な治療の為、長年の経験と特有の知識の蓄積が不可欠

誤解してならないのは、単に「カーブをつけたコンタクトをつければ角膜が矯正され、視力が回復する」というものでないことです。そこには、この治療特有の診断と治療技術が兼ね備わってこそ適切な治療が行われるということです。特殊な治療の為、長年の経験と特有の知識の蓄積が不可欠です。本協会では、正しい「オルソケラトロジー」の普及と、さらには「オルソケラトロジー」の限界を超えた「オサート」の理解を多くの方に知って頂きたいと思っております。

たいへん残念ですが、現在、この治療を適切に行われる施設は限られており、日本においては「オルソケラトロジー」を日本で最初に始めた三井石根医師の「三井メディカルクリニック」のみという現状です。いま、三井医師のもとには、日本のみならず、世界からもこの治療を求めて患者様が通院してらっしゃいます。

Page up